立憲主義の破壊に反対する国民安保法制懇

お知らせ

9月29日、国民安保法制懇として報告書発表しました

9月29日、国民安保法制懇として、「集団的自衛権行使を容認する閣議決定の撤回を求める」報告書を発表しました。発表の会見には、大森政輔元内閣法制局長官、樋口陽一東大名誉教授、小林節慶応大学名誉教授、柳澤協二元内閣官房副長官補、孫崎享元外務省国際情報局長、長谷部恭男早稲田大学教授、愛敬浩二名大教授、青井未帆学習院大教授、伊藤真弁護士が出席しました。また、同日5時10分に、国家安全保障局にて、報告書を執行いたしました。

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

立憲主義の破壊に反対する国民安保法制懇

Copyright(C)2014 国民安保法制懇